Home arrow h体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

h体験談
女性視点の官能小説

私が出会い系を使ってしまったのは、彼氏のセックスマナーがあまりにも悪かったせいです。
私はセックスの最中に、あえぎ声を出したりするのは恥ずかしいのであまりできなくて、気持ちがいいとかイマイチとかっていうのを伝えるのも上手くできずにいました。
私にとっては、彼が生まれてはじめての彼氏で、セックスもまだ三回目くらいだったせいか、イくっていう経験もしてなかったんですが、四回目のセックスが終わったときに、彼が信じられないことをいったんです。
「人形とヤってるみたいでつまんない。しばらく会うのよそう。」
って。
目の前が真っ暗になって、彼が帰るのにも気がつかなかったくらいです。
すっごい悩みました。
私って不感症なのかなって。
でも、オナニーするときにはイけるんです。
クリトリスを指でいじってるだけなんですけど、正直にいうと、痛いばっかりの彼とのセックスより、気持ちよくなれたし。
泣いているうちに、だんだん腹が立ってきて、実は彼がセックス下手なんじゃないの?
上手い人とセックスしたら、私だってイけるんじゃないの?
って開き直りみたくなっちゃって。
それで、そのままその勢いで、出会い系に書き込んじゃったんです。
待ち合わせして待ってるときには、やっぱり怖くて、帰っちゃおうかなって思ったんですけど。
現れたのが中性的っていうか、オネエっぽい細い感じの男の人だったんで、いざとなったら逃げられるかもって思って、いっしょにラブホテルに入りました。
サトルさんは、自分は服を脱がないまま、私の服をていねいに脱がせました。
会ったばかりの人とセックスをするなんて、ちょっと前まで考えたこともなかったのに。
サトルさんの指は白くて私よりきれいなくらい女性的で、器用に私を裸にしてしまいました。
「きれいな体してるねえ。芸術品みたい。よかったら今度、写真とらせてよ。」
サトルさんは、私の裸を舐めるような目でみながら、さわるかさわらないかのソフトなタッチでなでまわしました。
くすぐったいのと気持ちいいの中間みたいな感じで、ぞくぞくします。
「お肌もつるつるすべすべだし。若いっていいわー。」
二の腕とかウエストとか今まで性感帯だなんて思っていなかったところが気持ちよくて、気がついたら乳首が勃ってしまっていました。
「あら。せっかちな乳首。おしおきしなくちゃ。」
サトルさんはちょっとかがんで、ちゅうっと乳首を吸いました。
おまんこの奥がきゅうんっとなって、私ははじめての感覚にとまどって、サトルさんが私の乳首を咥えてるところを呆然とみつめていました。
「こっちの乳首はぺろぺろしちゃおうね。」
サトルさんは私にみせつけるように、赤い舌を出して、ぺろぺろとすばやい動きで乳首を舐めました。
「あっ・・・。」
さっきしゃぶって唾液でぬれた乳首は親指と人差し指でくにくにと捏ねられていて、気持ちよさに思わず、あえぎ声が出ちゃいました。
「アイちゃん、全然、不感症じゃないよ。むしろ、敏感?」
ウエストを下から上に指で急になで上げられて、私は飛び上がってしまいました。
「ひゃ・・・。」
「ほらね。感度バツグンだ。」
サトルさんはにんまりと笑いながら、私のおまんこのワレメを指でなぞって、指についてきたぬるぬるの愛液を私にみせつけました。
「まだ乳首しかさわってないのに、こんなにいやらしい汁が出てるよ?」
サトルさんは私をベットに横たえると、脚を開かせて、私の両手で支えさせました。
「アイちゃんはおまんこも美人さんだねえ。この艶やかな色は本当に隠しておくのがもったいないよ。」
私のおまんこを鑑賞しながらも、サトルさんの手は内ももをやさしくなでていて、気持ちがいいけどじれったくて、うずうずしてしまいます。
「ん?なんかおまんこがひくひくと動いているけど、かゆいの?」
おまんこの至近距離で、サトルさんが話すと息がかかって、もどかしさが倍増します。
「そ、そうなんです。かゆいんです。かいてください・・・。」
「おまんこがかゆいのは病気かもしれないねえ。もっとよくみてみなくちゃ。」
サトルさんは指でおまんこを開いて、やさしく上下になぞりはじめました。
気持ちがいい。
でも、物足りない。
「どう?かゆいのはおさまった?」
「も・・・もっと奥の方を・・・かいてください・・・。」
サトルさんは指をたっぷりとしゃぶってぬらしてから、私のおまんこの奥へと挿入しました。
「ああっ・・・はあ・・・。」
サトルさんの指は細いけれど長くて、入れたはずみに、気持ちいいところに指先があたりました。
「アイちゃんが気持ちいいのは、ココかな?」
サトルさんは第一関節をくいっと曲げて、私の膣の中を探ります。
「そこですぅ・・・。気持ちいい・・・。」
サトルさんがこするところは、自分でクリトリスをいじるよりもすごく気持ちよくて、続けてさわられていると切ない気持ちになってきます。
膣の中を指でいじられているだけでも気持ちいいのに、クリトリスを舌でれろれろと舐められて、私はイってしまいました。
頭の中がちょっと白くなって、気持ちよさの波が去ると、私はイけた喜びですごく満足して体の力がぬけちゃったのです。
「すごくおまんこしまったよー。ねえ、今度はちんぽを入れてみてもいい?」
サトルさんが私の目の前に出したちんぽは、彼のとは比べ物にならないくらいに大きくて、怖いくらいでした。
「コンドーム、つけてくれたら・・・。」
私が恐る恐るそういうと、サトルさんは服を脱いで、変わったパッケージに入った透明のコンドームをつけました。
「じゃあ、アイちゃんのおまんこに入っちゃうよー。」
膣口に亀頭があてられて、じわっじわっと膣の中にちんぽが入ってきます。
痛いって思うと、サトルさんのちんぽはしばらく動きを止めて、しばらくしてからまた、じわって奥に進みます。
根元まで全部おまんこに入ったときには、はちきれるんじゃないかと思うくらいにおまんこがいっぱいで、ちんぽって人によってこんなに違うんだって不思議でした。
サトルさんは奥まで入れたきり、ずっと動かないで私の顔をみつめていて、私の髪をなでたり、おっぱいを手で包み込むように軽く揉んだりしていたのですが、
「アイちゃんのおまんこ、気持ちよすぎて、すぐ射精しちゃうかも。」
と照れくさそうに笑いました。
私はさっきイかせてもらったし、ちんぽが入っただけでかなりおなかいっぱいだったので、
「いいですよ。さっき気持ちよくしてもらったから。」
といったら、サトルさんは突然、ぎゅうっと私を抱きしめて、激しく腰を動かし始めました。
「アイちゃん、かわいい・・・ねえ、彼氏とは別れて、俺と付き合おうよ。」
抱きしめられて、耳元でささやかれながら、ちんぽを奥までずんずん突かれているうちに、指でさわられて気持ちよかったところがこすられて、また気持ちよくなってきて、
「イイ・・・またイっちゃいそう・・・。」
っていうと、サトルさんのちんぽはさらにいい感じに動いてくれて、さっきより強い快感の波が押し寄せました。
こうして私は外見はあまり好みではないサトルさんと付き合うことになったのですが、セックスは毎回どんどん気持ちよくなっていくし、すごくやさしいし、元彼よりずっといいかもなんて思っているのでした。


のぞきザムライh体験談で露天風呂盗撮しまくりハメ撮りノーカットの無修正の盗撮エロサイト。
 
人妻野外露出セックス体験談


出会い系で出会ったアイは人妻で、20代後半の熟れきった体を持て余していた。
ダンナは仕事で忙しく、子供もいないため、ヒマと性欲だけが有り余っているらしい。
ちょっとぽっちゃり気味のアイの体は抱き心地がよく、色白でしっとりとしたもち肌は何度抱いても飽きなかった。
アイの方も、俺がセックスしようとすると、何度でも付き合うくらい貪欲だったので、会う度にお互いにへとへとになるくらいヤりまくった。
俺とのセックスが適度な運動になっているのか、若い男とヤってるというのがホルモンだかフェロモンだかに影響したのか、アイはだんだんと痩せて色っぽくなってきた。
待ち合わせ場所からラブホテルに行くまでの短い距離がものすごく長く感じる。
人気のない真昼間の公園を通っていると、アイがつまづいてこけた。
「あーん。ストッキングが伝線しちゃった・・・。」
おじぎをするように体を折り曲げて、足首のストッキングの伝線状況を確かめているアイの姿をみていると、がまんできないほどむらむらしてしまった。
アイの手をつかんで、引きずるように木陰の方へ連れ込む。
「えっ!?どうしたの?」
戸惑っているアイの唇をキスでふさいで、アイの体を抱きしめ、右手でタイトスカートをたくし上げる。
「待って!ここでするの?」
アイがあわてて、俺から体をはなそうとする。
「もう待ちきれないんだよ。ちょっとだけだから。」
欲望にぎらついた俺の目をみると、アイは抵抗しなくなった。
木に両手をつかせて、後ろからタイトスカートをまくりあげて、ストッキングをおしりの部分からおまんこの上まで破く。
ちょっと強姦ぽくて、ますます興奮した。
ストッキングの破けたところから、パンティをつかんで、ぐっと寄せ、ちんぽをねじこむ。
いつ人が来るかわからない野外露出でのセックスは、やけに俺達を興奮させた。
俺がせわしなくピストン運動するたびに、結合部からはいやらしい雫がしたたり落ちる。
「も・・・ダメ・・・イきそう・・・。」
木にすがりついたアイが震えながら絶頂を迎えると、俺のちんぽからも精液が飛び出した。
アイのおまんこに中出しするのははじめてではないが、まるで搾り取るようにおまんこが何度も収縮して、いつも以上に射精が長く続く。
射精が終わった後は、しゃがみこみたくなるほどの脱力感がおそった。
まだ硬いままのちんぽをおまんこから抜くと、中出しした精液がどろりとおまんこからたれて、太ももに伝っていく。
黒いストッキングに白い精液がたれているのが、いやらしいコントラストだった。
アイはバックからティッシュを取り出して、おまんこからあふれる精液を拭うと、俺のちんぽもキレイにしてくれた。
わずか10分足らずのセックスだったのに、野外露出で興奮したせいか、やけに充実していた。
アイの体が熟れていればこそ、前戯なしでも、俺のちんぽをするりと受け入れたのだろうけど、いつも以上の具合のよさだった。
野外露出セックスの気持ちよさに目覚めた俺たちは、それからもマンションの屋上や観覧車の中などでセックスした。
でも、やっぱり一番興奮するのは、公園などの木が側にあるところでの野外露出セックスだった。
時間に余裕のあるときは、レンタカーを借りて、ちょっと山奥に足を伸ばす。
少し森の中に入れば、かなり自由に野外露出セックスを楽しめる。
全裸になったアイは、ハイヒールだけをはいた状態で、車に両手をついている。
後ろからちんぽを挿入して、激しく腰を打ち付ければ、ぐちゅぐちゅという結合部からの音がどんどん大きくなっていく。
アイのあえぎ声も悲鳴じみたものになってきて、まるで動物の鳴き声のようだ。
アイがイきそうになったところで、俺はアイのおまんこからちんぽを抜いた。
はあはあと荒い息を吐きながら、不満そうな表情でアイが俺を振り返る。
抱きついてきたアイの片足を持ち上げて、もう一度、アイのおまんこの中にちんぽを挿入する。
ああ、もうすぐイきそうだ・・・と思ったとき、作業着を着たおっさんが木の陰から現れた。
呆然とした表情で、俺達のセックスをみつめている。
ヤバ・・・と思った瞬間、アイのおまんこがぎゅっとしまり、俺のちんぽから精液が射精された。
射精の余韻に浸る間もなく、おまんこから中出しした精液をたれながしているアイをあわてて車に乗せ、ちんぽも出しっぱなしで車を走らせた。
心臓がばくばくいっている。
興奮のせいか、出しっぱなしのちんぽがまた勃起しはじめた。
アイが運転席に体を乗り出して、フェラチオしてくる。
フェラチオの気持ちよさで運転に集中できなくなってきたので、道の脇に駐車した。
すぐにアイが俺のひざの上にまたがる。
さっき中出しした俺の精液が冷えて冷たくなったおまんこは、ちんぽで何度かかき回すうちに、また温かくなってきた。
ねっとりと出し入れを愉しんでいると、アイがディープキスしてきた。
見知らぬ男に野外露出セックスをみられても、恥ずかしがるどころか、むしろ興奮しているらしいアイの様子に、俺は妄想をかきたてられる。
もしも、さっきのおっさんが襲ってきてたら、今頃3Pになってたかもな、野外露出で3Pっていうのも、興奮しそうだ。
「なあ、さっきのおっさんにも野外露出セックスに参加してもらってたら、アイはもっと愉しめたんじゃないの?」
俺がからかうようにいうと、アイのおまんこはますますしまった。
野外露出で3Pしているのを想像したらしい。
「サトルだけで十分だよ・・・知らない人と3Pなんてイヤ・・・。」
想像だけでこんなにとろけそうになっているアイのおまんこは、アイの言葉を否定している。
今度、友達を誘って、野外露出セックスで3Pしてみるかと考えながら、俺はアイのおまんこの中に二回目の中出しをしたのだった。


DXライブh体験談を話してくれる出会い系アダルトライブチャットでいろんな女の子たちの生オナニー

 
看護婦放尿プレイHな告白

アクメ顔で気持ち良くなっている女性の全裸マッサージで仰け反りまくりの女性専用の性感マッサージを受けて体をぴくつかせるエッチプレイ
学生やってた俺は、その日も出会い系で、会える女を捜してた。
会えるってゆーか、ヤれる女ね。
持て余している時間を有効利用して、ひたすら数打つ。
親指が痛くなるほど、メール送信、メール送信。
内容はほとんどコピペ。
それでも、それなりに成功するもんで。
ま、会う約束はしたけど、こっそりのぞいて、スルーってことも多いけどね。
俺、デブとブスはマジでNGなんだわ。
だから、写メを考えたヤツには、ちょー感謝してる。
俺の写メを送った瞬間、メールが返ってこなくなることもあるけどさ。
面と向かって拒否られるよりは、よっぽどいいよ。
アイと待ち合わせたのは、平日の夜だったんだよね。
やっぱ、金、土がアツいから、平日はそんなに力入れてなかったんだけど。
逆に、平日しか休めない女とかもいるみたいで、ショップ店員とか美容師とか、釣れたら大物ってパターンが多い。
本気で付き合うわけじゃないから、素顔ブスでも、メイクと服でイケてる感じにみえたら、別にオッケーだしさ。
で、アイは看護婦だった。
看護婦っていえば、スッチーとならんで、男の理想の職業じゃん。
ウキウキしながら、待ち合わせ場所に向かったら、写メより全然、かわいい女が立ってんの!
やっべ、俺、今日、マジ、ツイてるよ!って興奮しながら、声かけて、ラブホテルに直行した。
平日の夜は、ラブホテルも空いてて、即入室。
さすがに、即尺ってわけにはいかなくて、シャワー浴びて、ベットでフェラチオしてもらった。
手馴れた感じのフェラチオで、手と口でしこしことちんぽをしごかれると、かなり気持ちいい。
でも、せっかく看護婦とセックスしてるのに、裸でいると、あんま実感ないんだよね。
かといって、このラブホテルにはコスプレのレンタルサービスなんてないしさ。
仕方ないから、仕事のときの口調で、言葉責めしてって頼んでみた。
「こんなにちんぽを勃起させて、溜めすぎですよ。」
アイは看護婦の口調でいいながら、俺の玉袋を揉み揉みした。
なんか、新しい快感だ・・・。
玉袋を揉みほぐされながら、片手でしゅこしゅことサオをしごかれていると、いやらしいことをしているというよりも、治療の一環って感じがしてくる。
「先走りがたくさん出てきますねー。いつもオナニーはどのくらいしてますか?」
アイは亀頭に唇を押し当て、ちゅっと先走りを吸い、ぺろりとカリ首を舐めた。
「ん・・・二日に一回くらい・・・かな。」
両手でちんぽをしごかれると、射精しそうになってくる。
やべ・・・俺、今日、なんか早くね?
「サトルさんの年齢にしては、オナニーの頻度が少ないですね。」
一度射精させてしまうと、もう勃たなくなると思われたのか、アイはフェラチオをやめてしまった。
「今度は、私を気持ちよくしてね。」
俺はアイをベットに押し倒し、美乳にむしゃぶりついた。
勃起したちんぽをすべすべの太ももにこすりつけながら、やわらかなおっぱいを揉み、乳首を吸う。
「ん・・・早くおまんこいじってぇ・・・。」
アイはおっぱいより、おまんこを愛撫してほしかったらしい。
遠慮なく足を大きく開くと、おまんこからは愛液がたっぷりとにじみ出ていた。
舌で愛液をすくい取るように、れろれろと舐めあげる。
「看護婦さん、セックス好きなの?」
クリトリスを舌で強くなぞりながら、おまんこの中に指を押し込む。
「好き・・・セックス好きぃ・・・。」
アイはうっとりと目をつぶりながら、恥ずかしいことを平気でいっている。
「看護婦さんは、どうされるのが一番、感じる?」
指で膣壁をえぐるようにしながら、アイにきくと、意外な答えが返ってきた。
「おしっこしてるのみられるのが好きなの・・・。」
放尿プレイかよ・・・正直、アイがいくらかわいくて看護婦でも、ちょっと引いた。
でも、女がおしっこしてるとこをみるのもいいかと思って、アイをバスルームに連れて行った。
バスタブに向かって、後ろから抱きかかえてM字開脚させて、
「おしっこしろよ!放尿みられて感じる変態なんだろ?」
っていったら、アイはジョロロロロって、マジで放尿した。
放尿をみてたら、なんか興奮してきて、俺はおしっこが終わってないのに、おまんこにちんぽを突っ込んだ。
俺の足におしっこがたれてくるが気にせずに、後ろからがんがんおまんこを突く。
「ウソ・・・イイ・・・おしっこしながら、ちんぽ入れられるのすごくイイ・・・。」
いつの間にか、アイのおしっこは止まっていたけど、ちんぽを出し入れするのに夢中で気がつかなかった。
自分勝手にのぼりつめて、アイのおまんこに射精したら、中出しした精液がおまんこからどろっと出てきて、アイのおまんこはおしっこと精液でたいへんなことになってた。
そのまま、二人でシャワー浴びて、今度はバックでもう一回ヤった。
後ろから両手をつかんで、おしりにぶつけるようにぱんぱんとちんぽを打ち付けていると、アイがひっきりなしに嬌声をあげる。
バスルームにあえぎ声が響いて、すっげえエロい感じ。
片足をバスタブにのせさせたり、俺が持ち上げたりして、おまんこにあたる角度を変えながら、バックを愉しんだ。
二回目だった俺は、なかなか射精しなかったので、アイはイきすぎてぐったりしてた。
放尿挿入プレイが気に入ったらしいアイは、俺とセフレになり、休みの度に俺を呼び出した。
俺がアイに性病をうつすまでは、マジでいいセフレ関係だったよ。


h体験談が多い人妻・熟女達のオリジナルAVビデオを配信している無修正アダルトサイト人妻斬り

 
3P生ハメ官能小説
トップモデルのヌード撮影でハリウッド女優の小顔の巨乳おっぱいナイスボディーなモデルさんがエロいヌード撮影での舞台裏流出映像
先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。
正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。
幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。
期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。
でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。
アイは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。
ああ、もったいない。
「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」
っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。
打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。
「サトルじゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」
先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。
当然、アイは驚いて、不安そうな顔をしている。
「この人、大学の先輩なんだ。」
「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」
ためらっているアイの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。
しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。
カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。
先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをアイにがんがん飲ませた。
断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、アイはすぐに酔っ払い、意識をなくした。
先輩の手がアイの服を脱がせていく。
アイは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。
「アイちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」
先輩がキモいことをいいながら、アイの裸体に覆いかぶさり、アイの可憐な唇を奪った。
ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。
片手でおっぱいをもみながら、先輩はアイの口内を舌で犯した。
「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」
淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。
キスに飽きた先輩は、アイの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。
「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」
オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。
先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。
「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」
アイの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。
「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」
先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」
もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。
俺はおそるおそるアイの勃ったままの乳首を舐めた。
「あんっ!」
突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、アイが目を開けて、驚いていた。
「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」
動揺しているアイを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。
ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。
「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」
アイは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。
「お願い・・・サトルくん・・・助けて・・・。」
うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するアイを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。
両手でアイのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。
「おっ。サトルもやっとやる気を出したな。」
先輩が俺をからかいながら、アイのおまんこを手マンしている。
にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はアイのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。
「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」
ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、アイのおまんこにナマのままあてがった。
生ハメがイヤなのか、アイが抵抗して、首をいやいやと振る。
アイの悲鳴がききたくなって、俺はアイの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。
「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」
もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。
俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるアイの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。
先輩がちんぽを動かしているうちに、アイの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。
「アイちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」
先輩はごきげんで、アイのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。
「はっ・・・や・・・やめて・・・。」
「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」
遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。
俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をアイのおっぱいにこすりつけた。
俺も早くアイのおまんこに生ハメしたい・・・。
俺の中にはもう、強制3Pされているアイをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。


h体験談1本道の無料サンプル動画も高画質でハイビジョンAVビデオのエッチサイト。
 
中出し乱交人妻4P体験談告白
裸エプロン若奥様の乳首が上向き美乳おっぱい揉み揉みされる若い綺麗な美人人妻の裸エプロンの誘惑
出会い系で出会った熟れた人妻のアイとは、いわゆるセフレ関係だ。
夫が単身赴任中の火照るカラダを慰めてほしいという欲求不満の人妻アイと、若さにまかせてあふれる精液を射精したいという利害が一致した割り切った関係なのだ。
ラブホテルから豪勢な自宅に、セックスの舞台を移してから、もう半年くらいになる。
この自宅を手放せないし、人にも貸したくないから、ダンナは単身赴任してるんだそうだ。
キッチンやソファー、夫婦の寝室などでセックスしていると、人の妻を盗んでいるんだという興奮が俺のちんぽを元気にさせる。
一度試しにアイのうちでセックスしてみて、お互い、あまりにもよかったので、それ以来、危険を承知でアイのうちに通っているのだ。
ある日、いつものようにアイのうちへ行くと、なんだかバツの悪いような表情のアイに迎えられた。
「実は、お友達にあなたのことがバレちゃって・・・。」
照れくさそうにいうアイの言葉をきいて、もうこの都合のいいセフレ関係も終わりかとがっかりした。
「口止め料として、一緒に参加させてほしいっていわれちゃったの。」
あまりにも意外な展開に俺は驚いた。
アイに続いて、リビングに入って、アイの友達二人を見て、さらに驚いた。
とても乱交したいなんていいそうもない、セレブな感じの奥様が二人、しとやかに座っていたからだ。
ルックスだってスタイルだって、けしてアイにひけをとらない魅力にあふれている。
「あなたがステキなおちんぽとかたいお口をもっているアイさんのセフレね。」
アイがいうには、あとくされがなく、手軽に遊べるような男性はなかなか見つからないのだそうだ。
三人の人妻熟女がいっせいに服を脱ぎ、全裸になったところはとても壮観だ。
「いくら元気なおちんぽでも、三人を完全に満足させるのは難しいでしょうから、大人のおもちゃを使いましょう。」
アイはテーブルにたくさんのバイブやローターを出した。
「まあ、これ、アイさんのコレクションなの?」
人妻の一人は驚いているが、もう一人は似たようなコレクションをもっているらしく、微笑んでいる。
アイはコンドームを袋から出して、銀色のツインタービンパールとクリトリス用のバイブがついたごつい感じのバイブに、すっぽりとかぶせた。
「これ、すごくイイのよ。どっちが入れてほしい?」
バイブに驚かなかった方の人妻ユキが、そのごついバイブをおまんこに入れた。
アイがスイッチを入れると、ぐねんぐねんと回転をはじめたバイブの動きに、ユキはもだえながら悦んだ。
「すごい動きね!ああ・・・気持ちいいわ・・・。」
俺はバイブのスイッチを渡され、入れたり切ったり、強くしたりして、ユキの反応を楽しんだ。
リビングの床にへたりこんだユキは、バイブの動きが変わるたびに、愛液とあえぎ声をもらしている。
アイはもじもじと恥ずかしそうにしているもう一人の人妻マキの目の前で、バイブを選ぶ。
「せっかくだから、二人で楽しめるのにしましょうか。」
アイが手に取ったのは、くねくね曲がる透きとおったピンク色の双頭バイブだった。
「ほら、脚を大きく開いて、おまんこを指で広げて。」
ソファーの上で、M字開脚しているマキのおまんこに、細めのバイブを容赦なく入れているアイはイキイキして嬉しそうだ。
「マキさんのおまんこ、ずぶずぶとバイブを咥えこむわよ。」
「は・・・いや・・・いわないでぇ・・・。」
マキのおまんこにバイブを入れ終わると、アイはマキの脚を閉じて、ヒザの上に載り、バイブを曲げて、自分のおまんこに入れだした。
アイのおまんこにバイブが飲み込まれる振動がマキのおまんこを刺激するらしく、
「あん・・・ああっ・・・いい・・・。」
というマキの小さなあえぎ声がきこえる。
俺はリビングで繰り広げられている淫靡な光景に興奮し、ちんぽを硬く勃起させた。
俺の操作するバイブでよがっていたユキは、俺の下半身を剥いて、大きくなったちんぽを露出させた。
「すごい・・・おちんぽがそそりたってる。」
アイが双頭バイブのスイッチを入れ、腰をふりながら、二人であえぎ声をあげているのを眺めながら、俺はユキにちんぽをフェラチオされ、AVの中にまぎれこんでしまったような錯覚を覚えた。
「先におちんぽ、いただいていいでしょ?」
ユキが俺にではなく、アイに許可を求め、マキを攻めるのに夢中になっていたアイが、
「いいわよ!」
と気安くいったため、ユキは自分でバイブをはずして、大股開きで俺を誘った。
俺は正常位でユキのおまんこにちんぽをつっこみ、がしがしと腰を動かした。
こうなったら、俺も楽しませてもらわなければ損だ。
「あっ・・・すごい・・・硬くて奥まで当たってる・・・。」
うっとりとした表情で人妻にみつめられると、悪い気はしない。
俺はユキの脚を持ち上げて、さらに奥までちんぽを入れまくった。
「あふ・・・いい・・・いいのぉ・・・最高・・・。」
ぐいんぐいんと大きなスライドや小刻みのスライドで緩急をつけ、ピストン運動を繰り返していると、おまんこがびくんびくんとうねりだした。
「ああ・・・もうイく・・・イイッ!」
おまんこをしめつけて、ユキがイったので、俺も最奥で一発目の精子を放出した。
ゆっくりとちんぽをおまんこから抜くと、おまんこから白い精液を垂れ流したまま、リビングの床にぐったりと横たわるユキがひくひくと震えていた。
俺は女同士で絡み合っているアイとマキに近づき、ぐちゃぐちゃになっている二人のおまんこを観察した。
「すげーぐちゅんぐちゅんだな。」
マキは我にかえったらしく、あえぎ声を我慢しだした。
「どっちから、ちんぽ入れられたい?」
「マキさんから、おちんぽ入れてあげて。」
アイは愛液まみれになったバイブを引き抜くと、マキのヒザから下りた。
俺は愛液をしたたらせ、物足りなげにひくついているマキのおまんこに釘付けになったが、マキの横に座り、回復したちんぽの根元を手で支えて、マキに声をかけた。
「さあ、自分でおまんこにちんぽを咥えこんでくださいよ。」
マキは俺のヒザに乗り、自分からちんぽをおまんこに入れた。
そして、自分で激しく腰をふり、あえぎ出した。
俺はたまに、ちんぽを下から突き上げながら、マキのおっぱいをもんだりして楽しんだ。
マキが俺のちんぽでイッたあと、さらに激しく下からちんぽを打ち込んで、マキの中にも、白い精液を放出した。
マキの体をソファーに横たえて、俺たちを見ながら、バイブをおまんこに出し入れして、オナニー中のアイに覆いかぶさった。
バイブをおまんこから抜いて、代わりにちんぽを埋め込む。
「ああん。やっぱり、あなたのおちんぽ、最高よ!」
俺の首を抱き寄せながら、アイが嬌声をあげる。
もはやなじみとなったアイのおまんこで、ゆったりとしたセックスを楽しみ、本日三発目となる精液を吐き出したのだった。


問答無用h体験談のハードコアSMムービーを配信している過激なオリジナル無修正動画サイト
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 7

Copyright © 2014 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.